News

Abalanceグループ 新年のご挨拶

2022年1月5日

2022年の年頭にあたり、謹んでお祝いを申し上げます。
皆様におかれましては、健やかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年開催されたCOP26の「グラスゴー気候合意」においては、気候変動が人類共通の関心事であることを改めて確認すると共に、1.5度目標の重要性、今世紀半ばまでに世界の二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにするなどの内容が示されました。各国には、気候変動対策への一層の努力が求められ、日本には開発途上国への資金協力だけでなく、脱炭素化を促す技術的支援等が期待されております。

このような状況のなか、弊社グループは、「再生可能エネルギーの中核的グローバル企業」を目指し、脱炭素化社会の実現に貢献するため、2021年10月、「Abalanceグループ 中期経営計画(2022-24)」を公表いたしました。

2030年までに、国内・海外を合わせて保有発電容量1GW(原発1基分相当規模)、年間パネル製造目標8GWを成長戦略としております。今後は更に、カーボンフリーに取り組む企業・自治体の要請に応える新しいストラクチャーや、次世代を担うと期待される水素を活用した貯蔵システムの開発、リユース・リサイクル事業等にも積極的に取り組んでまいります。

弊社グループが担う役割・責務はこれから増々重要なものとなりますが、それを前向きに受け止め、太陽光パネル製造事業、グリーンエネルギー事業、IT事業、光触媒事業を力強く前へと進めてまいります。皆様からのご支援を賜われば幸甚に存じます。

Abalanceグループ
代表取締役社長 光行 康明