News

MaxarSAFETY+3(プラススリー)販売のお知らせ

2020年12月14日

 当社子会社のWWB株式会社は、体温測定とマスク検知、手指の消毒が同時にできる検温ソリューション、MaxarSAFETY+3(ディスプレイ型自動検温システム)の販売を開始しましたので、お知らせします。

本商品は、高精度のサーマルカメラによる発熱者の非接触式検知を通じて、コロナウィルス感染のリスク低減を図るWWBのヘルスケアラインのブランドであります。

オフィスでの受付設置や店舗入り口などにて、マスク着用のまま、入場者の検知が可能で、タッチフリーの消毒剤ディスペンサーを搭載することにより、完全な非接触式検知を実現します。

検知機能だけでなく、動画の再生や静止画の発信機能も搭載。クラウド環境におきましてもご利用可能です。また、イベントの告知情報を掲載するなど、感染防止PRとしてもご活用いただけます。

【告知PR】

デジタルサイネージ

      +

マスク着用認証

      +

体温検温

      +

自動ハンドサニタイザーが、一体となった!

【ご利用方法】

  • サーマルカメラと顔認証の組み合わせで、自動検温を行うシステムです。
  • オフィスや店舗などの入口や受付に専用ディスプレイを設置し、
    電源につないで利用します。
  • 対象者がカメラの前に立つと顔認証が始まり、体温測定が行われます。
  • 37.5℃以上の体温を検知すると、アラートが鳴る機能が付いています。
  • デジタルサイネージ、企業PRや店舗メニューの紹介など、動画や静止画もOK。
  • 動画作成代行も行います。

【製品特長】

体温測定時間 3秒以内
正確な測定精度 誤差範囲 ±0.3℃
マスクをしたまま検温が可能 マスクをしていない人には音声アラート
センサー式消毒スプレー搭載 非接触で手指の消毒が可能、施設利用者への安心感
コスト削減 測定を行うための常駐スタッフ不要

(注)当機器は、薬事法で定める体温計ではありません。あくまでスクリーニングが目的であり、体表温を測定するものです。

【こんな悩みありませんか?】
 従業員の検温と手の消毒に時間がかかる‥
お客様の検温を非接触でできないか‥
  検温するスタッフが感染しないだろか‥
  マスクをしていないお客様に注意しにくい‥

【製品カタログ】

カタログURL:https://wwwb.jp/catalog.php

【お問合せ先】

 

 

感染拡大が一日も早く終息することを心よりお祈り申し上げます。
以上、よろしくお願いいたします。